体臭を気にしなくてよくなるように、あれこれ体を張って良い方法を見つけていきます !

体臭を改善する方法を40代男が実践する情報ブログ | ニオイログ

クンクンボディ

クンクンボディレビュー ! 本当に良い商品か試してみての評価は?

更新日:

Pocket

クンクンボディ本体裏面

こんにちは。体臭おやじです。

体臭おやじキャラのアイコン

 

 

 

 

私がコニカミノルタの体臭チェッカーkunkunbody クンクンボディを購入して1ヵ月がたちました。

 

その間ほぼ毎日使い倒してみて、「使い勝手」や「測定がしっかりできるか」などいろいろな事が分かってきました。

 

 

実際に1ヵ月間使ってみての感想・評価をレビューしますので、クンクンボディが気になって買おうかどうか迷ってるあなたはぜひ参考にしてみてください。

 

 

1・クンクンボディがわが家にやってきた

 

 

 

まずはクンクンボディがわが家に届いたところからレビューします。

 

※私はAmazonで売られていた中古品を手に入れることができましたので、定価販売よりも少し安く手に入りました。

そのため梱包はおなじみの中身がラップをかけられたようなAmazonの梱包でしたので撮影していません。

 

ご注意 ! クンクンボディはスマホとセットでないと機能しません

クンクンボディだけでは数値が見れないのでスマホを持っていることが大前提となります

 

 

1-1・クンクンボディの外装・付属物など

 

 

こちらがクンクンボディの外箱です。

白のキレイなパッケージですよね。

※写ってませんが箱の上下は中箱のライトグリーンが見えています。

 

パッケージ外箱

 

白パッケージの中に少し青っぽいライトグリーンの本体ケースが入っています。

パッケージ内箱

 

フタを開けてみると中にスタートアップ・ガイドが入っています。

スタートアップガイドが中に

 

スタートアップ・ガイドを取り出すとクンクンボディ本体が入っています。

スポンジにぴったり収まっていますね。

クンクンボディ本体が中に

 

クンクンボディ本体とスポンジを取り出すと充電用のUSBケーブルが出てきました。

USBコードが中に

 

ケースに入っていたもの一式です。

内容物一式

 

 

1-2・クンクンボディ本体

 

 

クンクンボディ本体の表側です。

クンクンボディ本体表面

 

上に細かい穴の開いたセンサー部分がありますね。

ここにガスセンサーが入っていて3大体臭の汗臭・ミドル脂臭・加齢臭をキャッチします。

 

その下真ん中あたりに各種表示LEDがあります。

3つタテに並んでいて、

1番上の電池マークがバッテリーの「充電されていない・充電量不足充電中完了」をあらわすもの、

2番目の電源マークが「電源オン・オフとバッテリーの電池残量」をあらわすもの、

3番目が「測定できるか・測定中などの測定状態」をあらわすものです。

※各LED表示色の意味など詳しくはこちらからどうぞ。

 

その下に白い測定開始ボタンがあります。

 

本体真ん中右側に少し写っているのが充電ポートで、写っていませんがその反対側本体ひだりに小さな楕円形の電源オン・オフボタンがあります。

 

本体色は緑っぽいグレーにパールがかかったような色ですが、個人的には白にパールが欲しかったです。

5色あたりから選べればもっといいかな ? と思いました。

 

 

こちらがクンクンボディ本体の裏側です

「KunKun」のロゴと「KONICA MINOLTA」のメーカー名がプリントされています。

 

こちらは非常に綺麗ですね。

クンクンボディ本体裏面

 

 

1-3・スタートアップ・ガイド

 

 

こちらがスタートアップ・ガイドです

 

保証書も兼ねています。

※一年間本体保証が付いていますので購入日はこちらに書いておきましょう。

 

クンクンボディのスマホアプリはこちらに記載されているバーコードよりダウンロードします。

無くさないようにしてくださいね

 

※スマホアプリダウンロード方法はこちらの記事をお読みください。

※アプリインストールから使用出来るようになるまではこちらの記事をお読みください。

スタートアップガイド表

 

スタートアップ・ガイドの裏側です。

説明が書かれています。

スタートアップガイド裏

 

中古品だからかもしれませんが、送られてきたものに入っていたものはシンプルでした。

 

クンクンボディがわが家に届いたときのレポートは以上です。

クンクンボディを使えるようになるまでは別記事で書いていますので、そちらをお読みください。

 

※本体充電方法・クンクンボディアプリダウンロード方法はこちらの記事をお読みください。

アプリインストールから使用出来るようになるまでこちらの記事をお読みください。

 

 

 

2・クンクンボディを実際に1ヵ月使ってみての評価

 

 

 

まずは単刀直入に私が感じた評価を言います。

 

ひとことで言うと「発展途上」です。

点数を付けるとしたら75点ですかね。

 

商品コンセプトや、スマホで結果が簡単に見られるなどとても良い商品なのですが、現時点ではまだまだ未完成という印象です。

 

どんな商品でも出始めはそのようなもので、二代目・三代目とだんだんと改善されていって良くなりますよね。

特にこの商品は世界初の「3大体臭をそれぞれ嗅ぎ分け数値化することができる」のが売りの商品です。

 

世界初なので完成形になるのはまだ先のことではないかと思いました。

 

ただ、この商品の場合、今現在のモデルをアプリと本体のファームウェアによってアップデートして改善していくみたいなので、

本体を買い換えることなく改善されるので今買っておいても損はないですよね。

 

追記 2018年10月3日に、実際にアップデートにより口臭が測れる新機能が追加されました。

 

では、具体的に使ってみてどうだったかお伝えしたいと思います。

 

 

2-1・使ってみてここが不満だったよ、というところ

不満だよ・・・

 

 

さっそくですが(笑)、不満だった点からお伝えします。

 

 

2-1-1・ニオイの計測値が安定しない

なんじゃこりゃ

 

けっこう測った数値が安定してくれないです。

ちなみに私のクンクンボディのファームウェアのバージョンは2.10、アプリのバージョンは1.1.0でどちらも最新です。

 

一応メーカーの推奨のとおり「アプリを起動して20分くらいたってから測ると安定する」とありますので、時間を置いて測るんですがダメな事があります。

 

同じ箇所を測ってみても、今35だったのに次は10だった、みたいに結果が安定しない場合が。

12が16になったとかそのくらいの誤差ならわかりますが、20とか違うっていうのはちょっと ? ? ?・・・ですよね。

 

また、自分がニオってみて右の足がクサイと思ってもクサくない左足の数値のほうが高く出たりします。

 

 

けっこう測定がシビアで、部屋の中でいろんなニオイがしてたりするとそのニオイまで検出してしまったり、風が吹いていると影響を受けたり。

また、測定している箇所がワキとかで、足がクサかったりすると上ってくる足のニオイを拾ってしまったりする可能性もあります。

 

 

そのあたりが数値が安定しない一因かもしれません。

 

自分の体のほかにニオイがするものを近くに置かないことが大切ですね。

 

 

 

2-1-2・ニオイの測定に時間がかかる

 

 

 

クンクンボディで測るときに測定中にアプリ画面にも出るのですが、だいたい1ヶ所測るのに20秒くらいかかります。

測定に時間がかかります

さらに、測定したあと次のところを測ろうとすると一回一回センサーがリセットされます。

その時間もだいたい10~20秒。

 

一回測定すると次のところを測るのにだいたい30~40秒くらいかかります

 

これはしょうがないところだと思いますが、できればピッ ! ピッ ! と一瞬で測れたらいいですよね。

それが出来れば、すごく気持いいと思います。

 

 

いそがしい朝に何ヶ所も測るとけっこう時間がかかります。

 

時間がかからないようにするには、毎日測ってるとだいたいどこがニオイが出るか分かってくるので、ニオイが出やすいところだけ測るようにすれば忙しい時でも時短が出来ます

 

また、測るのに測定値を安定させるためには20分かかるということで、

私は朝起きてすぐにアプリとクンクンボディを起動させておいて、測りたいときにすぐ測れるようにしています

 

注意 ! スマホ画面が消えると「またはじめから20分待たなくてはならない」、となりますので、スマホ操作をしなかったらどのくらいで自動的に画面が消えるかというスリープ設定を30分くらいにしておく必要があります

Android7.0版だと、「設定」をタップ ディスプレイスリープ 15秒から30分までの間隔で変更できます。

 

 

 

2-1-3・クサイにおいだけでなく良い香りまでクサイにおいとして数値化してしまう

シャンプー・ボディソープ

 

 

クンクンボディは3大体臭成分のほかにシャンプーや制汗剤などの香りも測定結果に影響が出ないように学習させているのですが、

全ての製品の香りをカバーしているわけではありません

 

そのため、お風呂上りや消臭クリームなどをぬったあとなどに数値が高く出たりします

 

※これは実際消臭クリームのフタを開けて中のクリームを測定してみた結果です。

ちなみにこのクリームの匂いは、嗅いでみたところ ごく普通の医療用クリームの匂いです。

クリーム臭測定値

 

このへんは逆の発想で、アップデートとして香水やシャンプーなどの良い香りは「いいニオイです」みたいに出てくれると測ってうれしくなりますよね。

 

具体的に私が困ったのは、食器の洗いやけをしてそのあと測ったら手に付いた台所洗剤の香りが数値に出てしまったことです。

そのときはしばらく香りが取れなかったため、測定になりませんでした。

 

 

 

2-1-4・まわりにニオイが出てるものがあるとそれも感知してしまう

 

 

これは例えば食事のニオイやフタをしていないゴミ袋だとか、お部屋の芳香剤、もしかすると活けている花なんかも反応してしまうかもしれません。

 

私の場合はニオイでムカデを寄せ付けないタイプの忌避剤を使っていて、そのおかげで夜ムカデに咬まれることが無くなったのですが、ヒノキのニオイが主成分でそれに反応してしまいました。

 

だから測定するときは忌避剤にはフタをしています。

 

 

 

2-1-5・充電にかかる時間が長い

クンクンボディ本体充電中

 

 

クンクンボディの充電に必要な時間はおよそ10時間です。

スマホみたいに短い時間で充電することができません。

 

そのためバッテリー切れになっているのに気がついて、すぐに充電を始めても使えるようになるのは最短でも1~2時間後ぐらいです。

 

試しに何分充電すると何パーセント充電できるか見てみたところ、20分で5%しか充電出来ませんでした。

ということは、10%充電するのに40分かかるということですが、この計算だと7時間くらいでフル充電が可能ということになるので、10時間まではかからないかもしれません。

 

ただ、この不満点は夜寝る前に充電しておけばなんの問題もないです

 

クンクンボディ本体のバッテリー残量がどれくらいか知りたい場合は、クンクンボディアプリの一番左上のマークをタップすると、kunkun body 情報という画面が出るのでそこに表示されます。

 

使う前の晩から充電しておくと朝には完了しているので、こまめに残量を確認して使いたいときに使えないなんてことが無いようにしたいですね。

 

 

 

2-1-6・自分の鼻で感じた数値感と測定値にひらきがある

 

 

 

自分の体やまくらカバーを嗅いでみて、明らかにニオイが出ているのが分かるのに、測定数値は低いまま、という思ったとおりの結果にならないことがあります

 

 

これは、クンクンボディのニオイ判定対象が、以下のニオイ成分だけであることから起こります。

 

汗臭イソ吉草酸(足のニオイ)とアンモニアの2つのニオイ成分

 

・ミドル脂臭ジアセチルというニオイ成分

 

・加齢臭ノネナールというニオイ成分

 

そのため、実際にクサいと思っても上記の成分ではないと反応しないんですね。

実際私も長年頭が直接当たっていたためにクサーいソファや、枕にかけているタオル、自身の汗のニオイなど、明らかにクサいのに0とか5とかって結果が出ました。

 

 

このあたりがいちばん発展途上と感じるところで、もっと検出できる成分を増やして対応してもらいたいところです。

 

 

測り続けてみて数値の傾向としては、自分の感じたニオイの強さに対して

 

・ワキは数値が高く出る傾向 ( このニオイでその数値は高すぎない ? という感じ )、

 

・足は数値が低く出る傾向 ( 臭いんだけどこれだけ ?という感じ )、

 

そして、数値として、

 

30前後なら鼻を近づけてみてやっとはっきり分かる程度のニオイ(普通にしていて気づくか気づかないかというレベル)、

 

40を超えてくると普通にしていてもニオっているのが分かる程度のニオイ

 

10とかなら鼻を近づけてもほとんど分からない程度のニオイ

 

というふうに感じました。

 

 

 

2-1-7・ミドル脂臭・加齢臭測定値が全てゼロだったこと

 

 

私は購入後ずっとほぼ毎日アタマと耳のうしろを測定しつづけたのですが、アラフィフのオヤジにもかかわらず、ミドル脂臭・加齢臭がゼロより上がったことがありません

 

一度だけ、一番最初のナビにしたがって測定したときだけミドル脂臭が出ただけです。

このときに「おお、ちゃんと測れてる ! 」と思ったんですけどそれ以後は出ませんでした。

 

※追記 その後一度だけかなり強い臭さで数値が出ましたが、通常の状態では出ていません。

 

クンクンボディではワキと足の測定箇所はミドル脂臭・加齢臭ともに出づらい場所ということで最初から汗臭しか検知しません

 

 

以前から私の枕やそれに敷くタオルがくさいのがわかっていたので、あえて3日間タオルを変えずに寝て臭くなっているものを測ってもゼロです。

これもニオイ成分が違うからだとは思いますが、じゃあミドル脂臭ってどのニオイ? と思ってしまいます。

 

ただ、私は10代のころから枕が臭かったのですが ( 汗臭ではなく皮脂 ? のニオイ ) 、その当時のニオイと同じなのでニオイ成分が違うということかもしれません。

 

本当にニオイがゼロなら嬉しいのですが、自分のアタマが枕のタオルと同じニオイが出ていてもニオイゼロっていうことなら「ニオイ判定出来ていないじゃない ! 」と思ってしまいますよね。

 

追記

あれからもずっとミドル脂臭と加齢臭が出ていなかったのですが、なんとミドル脂臭をちゃんと検出しました

間違いじゃないのかと思い、2回測りました。笑。

 

その時のスマホ画面のキャプチャ画像です。

ミドル脂臭検出できた1

ミドル脂臭検出できた2

ちょっと汚い話ですが、仕事が終わって家に帰ったときに、べたついている鼻の脂が気になって爪で脂を集めるように掻いていたんです。

 

するとしばらくして爪から不快な臭~いニオイが・・・。

これってもしかして検出するのかな ? と思いミドル脂臭が測れる「あたま」カテゴリーで測定してみると、初めて画像の数値が表示されたんです。

 

壊れているのでも、測定できないわけでも無かったようです。

 

どうもかなり臭わないと高い数値として検出しないみたいですね

その証拠に 、( 検出できた同じ時に ) 仕事終わりの髪の毛を手でゴシゴシさすってみてその手を嗅いでみると枕のニオイがして臭いのですが、測ってみると数値は「2」でしかも汗臭でした。

 

感覚的にはこの髪の毛のクサさを数値に例えると「34」くらいです。

この時の爪のニオイの数値は「68」といったところでしょうか。

 

これでは外出先で頭から枕のニオイがしていても、数値が「2」だから自分は臭わない、と思ってしまいますよね。

 

人間の鼻でにおうレベルにまで、検出レベルを上げて欲しいところです。

 

 

 

と、ちょっと不満なところが多いですが、今はまだ初号機(エヴァ?)で発展途上、しかたがないですね。

 

でも、アプリや本体のアップデートによりニオイの測定精度などが向上できるらしいので、今買ってしまったから「しまったー!」なんてことは無いですね。

 

実際、公式ページでも

「Kunkun bodyは、アプリのみならず、ファームウェアのアップデートにより、本体そのものの機能も拡張していきます。今後、機械学習を進めていくことで、機能のさらなる進化が実現する可能性もあります。」

とされていますからね。

 

アップデートでどんどん改善してくれることを期待します。

(メーカーさんこの記事を読んで改善してくださいね。)

 

初号機は特別ですから・・・ね。笑

 

追記 2018.10.3にクンクンボディアプリと本体のファームウェアアップデートがおこなわれ、アプリバージョン2.0.0本体ファームウェアバージョン3.00アップデートされました

 

それにより新たに口臭も測定できるようになりました

まだまだ使ってみて問題点も多いですが、ひとまず喜びたいと思います。

 

追記2019.1.12 2018.12.7にクンクンボディアプリと本体のファームウェアアップデートがおこなわれ、アプリバージョン2.1.0本体ファームウェアバージョン4.00アップデートされました

 

使ってみてあまり変化は感じられませんでしたが、口臭の測定精度は少し向上していました。

さらに頑張って改善していってほしいですね。

 

 

2-1-8・修理対応がない

 

 

クンクンボディは一年間の保証が付いていますが、修理サービスがありません

これは、測定した数値が納得いかなかったときにコニカミノルタのサポートに問い合わせてみた結果です。

 

保証期間中のみ正当な理由の故障の場合は新品交換ができるそうです。

ですが、修理サービスが無いとのことでした。

 

これは、一年たったあとに故障した場合、修理してもらおうと思っても出来ない、ということです。

つまり新たに買い換えなければ使えなくなってしまうということを意味します

 

クンクンボディも電気を使う以上、家電製品と同じと考えてよいと思いますが、正直私は修理対応のない電気製品を見たことがありません。

これって、みなさんはどう思われますか ?

 

 

2-2・使ってみてここが良かったよ、というところ

これいいな♪

 

 

臭気センサーは高額な商品が今までにもすでに発売されていますが、表示できるのはニオイの強弱だけでニオイの種類(どんなニオイなのか)までは表示できません

 

世界初です。

現時点で汗臭・ミドル脂臭・加齢臭の3種類だけとはいえ、ニオイの強弱だけでなく「どんなニオイか」も判別、表示できるのは

(ただ、私の場合、汗臭以外数値が出てくれないのは納得いってないです。)

 

追記 口臭も測れるようになりましたので4種類ですね。

 

なんといっても今まで出来なかったことが出来るようになったんですからね。

スゴイですよね。

 

 

2-2-1・ひとに訊かなくても自分がクサイかわかる

いぇ~い !

 

 

これがやっぱり一番メリットなのではないでしょうか。

 

 

自分が臭うかどうかは、よほど仲の良い相手でないと訊けませんよね

私もおひとりさまで人に訊くわけにいかないので、このために買ったようなものです。

 

おひとりさまでなくても、嫁や子供、旦那や親とかの家族うちでも「俺、クサい ? 」なんて訊きづらいでしょうし、

そもそも嫁や子供がわざわざクサいニオイを嗅いでくれるとは思えませんよね。

 

なんでわざわざそんなクサいもの嗅がなきゃならないの !」で終わりです。

子供なんか逃げるでしょう。

 

文句いわずに嗅いでくれるクンクンボディはありがたいですよね。

 

逆に「そんなもの嗅ぎたくねーよ ! さっさと洗え ! 」って文句を言うクンクンボディがあったら面白いかもしれませんが。笑。

 

 

また、自分のニオイは鼻が慣れてしまっていて気がつかない状態になっているので、客観視してくれるものとして非常に貴重ですよね。

 

 

2-2-2・自分でにおうことが出来ない場所をはかれる

バシャーン !

 

これも大変助かります。

 

私はかなり体が硬いので、足を鼻先まで持ってくることが出来ません。

そのため下から漂ってくる足のニオイをキャッチするしかなかったのですが、自分の鼻の代わりにくっ付くくらいの距離で嗅いでくれます。

 

また、頭や首、股、背中など、直接におうのが無理な部分も嗅いでくれます。

※4箇所以外もそこに近いカテゴリーではかれば、一応測ることが出来ます。

 

ただ、汗臭なども完全に嗅ぎ分けているわけではなく、体臭すべてのクサいニオイ成分を判定するまでにはなっていないので、人が嗅いでクサいと思うニオイ成分にはすべて反応するようにしてもらいたいですね。

 

 

 

2-2-3・データを取り続けてくれるので自分のニオイ傾向がわかる

頼もしい♪

 

クンクンボディは測定した結果をすべてデータとして記録してくれます。

 

そのデータは、あとで過去のデータとして見ることができます。

 

 

頭、首のうしろ、わき、足、でそれぞれまとめたデータとして表示もしてくれます。

 

また、それぞれ「一回ごと・週ごと・月ごと・年ごと」に表示することができるので、この時期のこの部分がニオイが出ていたとかいう傾向が分かります。

そのため、「そろそろニオイが出るから対策しておくか。」というのがあらかじめ分かるようになります。

 

 

また、データはあとでメモとして書き込みができるので、どういう条件でこの数値になったとか、4箇所以外を測った場合はその部位名を書いておくことも出来ますので、体臭管理にはいいですよね。

 

 

 

2-2-4・クンクンボディを使っている日本中の人の平均値がわかる

そうなんだ~。

 

クンクンボディでは、購入して測っている全国の同年代・性別の人の平均値が表示されます

そのため自分は平均的にみてクサいのかクサくないのかがひと目で判ります。

 

最初私は全国平均がどこで見ることができるのか分からず探し回りましたが、測定結果の画面上に出ていました。

 

下の画像のそれぞれのニオイメーターのひだり横に小さなグレーの点が出ています。

これが全国平均値です。

 

測定結果全国平均

 

 

2-2-5・持ち運びに困らないサイズ・重量

 

 

 

サイズは感覚的にスマホの約半分くらいでコンパクトで小さく持ち運びには困らないですが、厚みがスマホの倍くらいあります

そのぶんだけは少しかさばるかもしれません。

 

重量はスマホよりも軽いです。

実際量ってみたところ、クンクンボディの実重は85g、私が使っているスマホは138gですから。

 

ポケットに入れていても気にならない重さです。

 

また、電源ボタンが小さく側面に付いているので、よほどのことがない限り「ポケットに入れてるうちに勝手に電源が入ってしまった」なんてことは起こらないと思いますね。

 

 

 

2-2-6・町名・天気・湿度・歩いた歩数などが表示される

あ~っ♪

 

 

測定ホーム画面下に町名または市名天気湿度歩数が表示されます。

 

場所(町名)の表示は確認してみましたが、クンクンボディ購入時に登録した住所ではなく、ちゃんといまクンクンボディアプリを起動した現在地を表示してくれます

ただ、海外で使っても同じかどうかは試すことができないので分かりませんでした。

 

現在地・天気・湿度等表示される

 

どういう条件下で測定しているかが分かりますし、保存されているデータにもそれは残っているので過去の数値がどういう条件下で測定されたものだったかが分かります。

 

ただ、天気、湿度はクンクンボディやスマホが自分のまわりを調べられるわけもなく、その町内での公表値みたいなので、正確に自分のまわりの条件とは異なりますのであくまで目安ですね。

 

歩数は、スマホと同じで振動なども拾いますから実際の歩数が出るわけではないのでこれも参考程度です。

 

 

あと、これはこんな使い方する人はいないだろうと思うので意味はあまりないのですが、

どのくらい離れてもクンクンボディ本体とスマホが電波でつながるかやってみたところ、8畳の部屋2つ、別々の部屋の端と端でもちゃんとつながります。

 

 

2-2-7・アップデートにより新たな機能が追加される

 

 

これは、実際に使っていて突然新バージョンアップデートに出くわしました。

 

2018.10.3にクンクンボディアプリと本体のファームウェア双方のアップデートがおこなわれ、アプリバージョン2.00本体ファームウェアバージョン3.00アップデートされました

※自動的にアップデートされるわけではありません。

ご自身で設定する必要があります。

 

それにより新たに口臭も測定できるようになりました

 

実際にこうやって新たな機能があとから追加されるのって、結構嬉しいですね。

お得な気分になります♪

 

あとは、出来る限り、人の鼻で嗅いだ状態と同じ精度にまで改善していって欲しいですね。

今回のアップデートでは残念ながら精度面では改善がみられませんでした。

 

口臭測定をやってみた記事はこちら

kunkunbodyクンクンボディが口臭を測れるようになりました !

 

 

3・まとめ

体臭おやじ0-0-2

 

1ヵ月ほど実際にクンクンボディで体臭を測ってみて、良い部分もあり、不満な部分もありましたが、テレビでも車でもどんな製品でも完璧な製品に出会うことは「まれ」です。

 

私はテレビの画質にかなりうるさいのですが、持っている液晶テレビはもちろん4K有機ELテレビが発売された現在でも正直まだまだ不満があります。

どこで折り合いをつけて購入するか、です。

 

正直、現時点のままでは「これはすごくおすすめ出来ます ! 絶対買いです ! 」とは言い切れない部分はありました。

ですが、良いコンセプトの商品であることに間違いはないし、ファームウェアやアプリのアップデートにより改善できるみたいなので、気になっている人は買ってみてもいいのではないでしょうか。

実際アップデートにより、まだ不完全ではありますが、口臭も測定できるようになりましたしね。

 

体臭改善対策に少しでも役立ってくれると思います。

 

 

 

 

この記事を書いてる人の詳しいプロフィールはこちら

 

  • この記事を書いた人

taishuoyaji

-クンクンボディ

Copyright© 体臭を改善する方法を40代男が実践する情報ブログ | ニオイログ , 2019 All Rights Reserved.